羊の毛刈り職人は羊毛の質やコストにダイレクトに直結する重要な仕事。数十キロある羊をコントロールしつつ鮮やかな手付きで毛刈りをするところは実にダイナミックです。

イギリスの羊毛産業を取りまとめる英国羊毛公社が運営する世界機械毛刈りチャンピオンシップ。スコットランド、北アイルランド、ニュージーランドなど名だたる羊毛の産地からトップ毛刈り職人が集まり、その技術を競います。

試合は20匹の毛刈りの速度を競うもの。生タイムに加え、刈りムラや刈りミス、部位ごとに毛質の違う羊毛を分けて刈ることができているか、羊がケガをしていないかなどを加味した総合得点で競います。羊との呼吸を合わせ、コントロールしながらスムーズに刈らなければ優勝は狙えません。

動画はこちらから。
World Machine Shearing Final – YouTube

毛刈り職人は1人1日8時間労働で300~400匹の毛を刈りますが、見ての通り重労働なので人口減に歯止めがかからない職業。そこで様々な自動化が考案されています。

毛刈りのロボット化は、羊の体型が個体ごとに微妙に違うこと、動き回ることから相当難しいことのようです。こちらは2009年に公開された動画ですが、羊への負担が大きそう。
Robot Sheep Shearing – YouTube

オーストラリアの羊毛ベンチャーが開発中のもうちょっと洗練されたバージョン。いずれにしてもこのスピードではペイできないと思われます。
Robotic Assisted Shearing Scoping Study – YouTube

最近では「毛がきれいに抜ける酵素」を注射してから1ヶ月後に収穫する……という方法も使われているとのこと。
BioClip Wool Harvesting System – YouTube

動物相手に色々するのは、本当に限界があるもの。それだけに色々な手技や小道具が見られる面白い世界です。
どんな犬でも1分でさっぱりと洗い上げる魔法のホース「Woof Washer 360」 – DNA