「もしあなたがこれを読んでいるなら……」と始まる隠しメッセージが米・政権の中枢「ホワイトハウス」新ウェブサイトに記載されていることが判明。何やら不穏な雰囲気もしますが、一体どんな内容なのでしょうか。





こちらがホワイトハウスの新ウェブサイト。トップには新大統領のバイデン氏と星条旗。
The White House

ということでHTMLのソースコードを見てみることに。

よく眺めてみるとバイデン氏のスローガン「Build Back Better(より良い再建)」が含まれたコメントがありますね。

その内容はこちら

If you’re reading this, we need your help building back better.

(もしあなたがこれを読んでいるなら、我々は 「より良い再建に」 あなたの助けが必要です。)

何とも魅力的な文言。コメントの最後はにはアメリカの行政機関、米・デジタルサービス(United States Digital Service : https://usds.gov/ )のURlが記載されています。

こちらが米・デジタルサービスのウェブサイト。右上に「Apply Now(今すぐ申し込む)」と大きく記載されています。もし米・政府機関で働いてみたいと思う人は連絡をとってみてはどうでしょうか。
United States Digital Service

ちなみにホワイトハウスにはものすごい料理人が勤務している模様。二の腕の周囲は60cm……ほぼ女性のウエストです。これくらい出ないとホワイトハウスでは働けないかも。
ベンチプレス142kg……ホワイトハウスで働くめちゃくちゃマッチョな料理人が話題に

ソース:White House website Easter egg for developers: A job opening