自分の夫と見知らぬ女性が一緒に写った写真。一見した感じでは浮気の決定的な証拠になりそうですが、その女性が何者なのか、本当に浮気の相手なのかはよく確認したほうがよいかもしれない……という事件がメキシコで発生しました。

メキシコのソノラ州カヘメ警察は夫のユアン・Nに対する暴行傷害の罪でレノラ・N(仮名)を逮捕しました。

レノラは夫の携帯電話に、女性と一緒に写った写真が複数あるのを見つけ夫が浮気をしていると勘違いして激昂しナイフで夫を刺しました。しかしその写真の女性は実は若い時のレノラ。夫はずっと若かった頃の自分たちの写真をスキャンして携帯電話に保存していたのです。

夫は妻を説得しナイフを取り上げるのに成功。夫の叫び声を聞きつけた近所の人が警察に通報し、妻は逮捕され。夫は一命をとりとめたということです。

勘違いが元にせよ、恋人の間の嫉妬は命の取り合いになることもしばしば。アフリカでは強力な呪いをもって復讐することもあるそうです。

[閲覧注意]ケニアの不倫男、妖術師の呪いによって女性からアレが抜けなくなる – DNA

ソース:Confused, jealous wife stabs husband after seeing her younger self in old photos — Yucatán Magazine