マダガスカルで見つかったカメレオンの新種は、ヒマワリの種ほどの大きさ。世界最小の爬虫類の可能性がある一方で、すでに絶滅が危惧されています。