関節リウマチ薬の有効性を示す治験結果が相次いで報告されました。とはいえ特効薬ではなく、治療法の併用や重症度などに応じた適切な投薬が救命につながることがわかり始めています。