19世紀後半、男性ばかりの新聞業界に飛び込んで、女性ジャーナリストの草分けとなった人物がいた。彼女は社会悪や腐敗にスポットライトを当て、しばしばその身の危険にさらして記事を書いた。