「喪失パンデミック」「悲嘆パンデミック」という“もう一つのパンデミック”の問題が、語られ始めています。新型コロナで愛する人を失った人たちは、心の傷を癒やし、前へ進む方法を模索しています。