Apple社のコンピュータ、MacのOSには色々なこだわりが詰め込まれています。アイコンやシステムサウンドといったUIのデザインもそのひとつ。そして伝統のビープ音「Sosumi」にはユニークな由来があったのです。


Apple製品といえばあのビープ音、と言うべき「Sosumi」を作り出したのは当時のApple社のサウンドデザイナーであったジム・リークス氏。

アップル社は70年代後半から、ビートルズが出資する同名のレコード制作会社と社名の商標権について法的闘争を続けていました。81年にはお互いの事業領域を侵害しないこと、ということで和解が成立したのですが、その後MacがMIDIや録音用のチップを搭載して音楽制作機能をもつと「音楽事業に進出しようとしている」とクレームがつき争いは再燃。

ついには「『チャイム』というファイル名のビープ音は音楽コンテンツである」など言いがかりのような内容で申し立てるなど、まさに泥沼の様相を呈してきました。そして「Sosumi」の名前はこの混乱の中で生まれたのです。

和解に向けてリークス氏は当初ビートルズの曲名をもじった「Let it Beep(勝手に鳴らさせとけ)」というファイル名に変更しようとしたそうです。当然これはボツになったのですが、その時の会話から「そこまで言うなら訴えてみろよ(So Sue Me)」をもじった「Sosumi」が誕生したのです。ちなみに法務担当者には、これは日本語で音楽とは関係ないとした説明したとのこと。

他にも「ジャーン」というあのスタートアップサウンドや、スクリーンショットを保存する時の音やiPhoneのシャッター音として使われている音の制作にもリークス氏は関わってきました。

リークス氏は当時のMacのスタートアップサウンドを気に入っていませんでした。昔のコンピューターはよくクラッシュし、その度にこの音を聞かされることになるので、膨大なデータを失ったかもしれないユーザーの癒やしになるような音にしたいと、結構強引な手段で勝手に書き換えてしまったということです。

インタビュー動画はこちらから。なお、次の大型アップデートであるMacOS 11 Big Surではシステムサウンドが一新。ビープ音としてのSosumiは消えSonumi(So New Me……まったく新しい私)なるサウンドが登場。SosumiはApple社のホームページの規約やdisclaimerなどのdiv要素として余生を過ごすようです。
How A Lawsuit Inspired Apple’s Most Iconic Sounds – YouTube

スマホ黎明期の頃は、それはもう大掛かりな訴訟合戦が繰り広げられました。Appleの相手としてはサムスンが有名で、彼らも訴訟からユニークなコンテンツを作り出しています。
訴訟まみれなのを逆手にとったサムスンのコマーシャル動画 – DNA