足音、風の音、背景のTVやラジオの音、爆発音……映画やTVドラマにはセリフ以外に色々な効果音がありますが、そのほとんどすべてはあとから付け足されるもの。なので生の動画には極力音が入っていないことが望ましいので、こういう不思議な小道具が使われます。

まずこちらはごく普通の紙袋。本物はガサガサと音がしますが、こちらはほとんど何の音もしません。

そしてこちらはビリヤードボール。ぶつけるとカン!と甲高い音がするはずですが、ごく静か。

そしてこちらは「遠くから見たらホンモノに見えるゴムの手錠」セット内の移動時など、手錠をしたままでは危険なので、外しやすく安全な小道具が使用されるそうです。

見た目のリアルさを満たしつつ、雑音のコントロールをして制作の効率を上げるために色々な小道具があるようですね。動画はこちらから。
Movie props you never knew existed! – YouTube

音は昔から職人芸の世界で、本当の音はともかく「本当っぽい音」を聞かせるために色々な工夫がされてきました。最近は見た目はこうしてもう現場にいく必要がないレベルになってきています。
CG全開で製作された映画の撮影現場と実際のシーンを比較した写真いろいろ – DNA