ほぼ1世紀ほど前のドイツで作られたパンを切る機械「ブレッド・ギロチン」をすべて手作業でレストアする全工程を記録したタイムラプス動画です。ほとんど朽ち果てた状態だったアンティークなマシンが新品同様まで蘇っています。

動画はこちらから。
Restoration Antique 1920’s German Bread Guillotine – YouTube

レストアが完了したブレッド・ギロチン。名前の迫力せいかギラギラ感があります。

実際にパンを切ってみると……完璧です。

遠い昔に活躍していた機械をまた使えるように復活させる作業は見ていて飽きませんね。

ちなみに寿命を迎えた車のバッテリーも手作業でレストア出来てしまうようです。こちらもまた凄い技術です。
寿命が尽きたカーバッテリーを手作業で完全レストアするパキスタンのエンジニアがすごい