東アフリカを襲ったサバクトビバッタの大群。化学殺虫剤を大量に散布したことで被害は緩和しましたが、世界銀行の調査をはじめ、生態系や人体への影響が懸念されています。