新種の霊長類は、白亜紀末の大量絶滅の10万年後に生息していました。霊長類の祖先が恐竜と同時代に生きていたとする説を補強する発見です。