単一種とされていたアフリカゾウを初めて2種に分けて評価した結果、マルミミゾウが近絶滅種、サバンナゾウが絶滅危惧種に。主な原因は象牙目当ての密猟です。