EUがプラスチックごみ削減に向けて積極的な計画を打ち出す中で、それに逆行する業界の動きがあります。その背景にはあり余る米国産エタンと世界的なプラ需要の高まりがあるようです。