南極で見つかった小さな粒子から、43万年前に起きた隕石の空中爆発が解明されました。爆発した隕石の破片が気化し、超高温のガスとなって地表に叩きつけられたと言います。