ローマにまで雪を降らせた2018年の豪雪が、北極海の海氷の減少と直接関係していたことが新たな研究手法により示されました。衛星写真はまるで冬の日本海上空のようです。