J.R.R.トールキンが書き上げた「指輪物語」は、現在のあらゆるファンタジー小説やゲームに影響を与えた偉大な作品。2001年には「ロード・オブ・ザ・リング」として、ゴージャスな映画化もされていますがそこから遡ること約10年、崩壊直前のソビエト連邦でTV映画として公開されており、その映像がおそらく史上初めて公開されました。

レニングラード放送局(現在の5TV)が制作したTV映画「Khraniteli(所有者・守護者の意)」は、82年に出版された「指輪物語」のロシア語翻訳版を元にしたもの。監督・脚本はNatalya Serebryakova、サントラと劇中ナレーションをロックバンド「」のキーボード奏者であったアンドレイ・ロマノフが担当しています。

衣装や撮影ロケーションなど、ありとあらゆる部分がロシア感を醸し出している他、旧ソ連の特撮技術と相まって実に不思議な映像に仕上がっております。パート1はこちら。
Хранители | Часть 1 | Телеспектакль по мотивам повести Д.Р.Р.Толкиена – YouTube

パート2はこちら。
Хранители | Часть 2 | Телеспектакль по мотивам повести Д.Р.Р.Толкиена – YouTube

ソース:Soviet TV version of Lord of the Rings rediscovered after 30 years | Russia | The Guardian