「都会に出た女性の貞操を守るため」から「自由を謳歌する場所」へと、その立ち位置は社会とともに移り変わります。グレース・ケリーも利用者の1人でした。