Apple社のMacintosh SE/30は、当時としては非常にパワフルで、DTP用途で大いに活躍したそう。そんな名機も経年劣化で不動になるものが増えてくるわけですが、とあるエンスージアストが、ロジックボードを再設計し製造することに成功してしまいました。

Macintosh SE/30のロジックボードを一から作り直してしまったのは、同機の解析をすすめていたドイツ在住のBolleさん。まずこのように配線図を描きあげます。

配線図から基盤のパターンを起こす。配線を整理しなおすことで、オリジナルの6層基盤から4層基盤となり、外注価格も下げることができるようになったそうです。

オリジナルの基盤との比較。バックアップ電池はオリジナルの特殊なリチウムバッテリーから一般的なCR2032ボタン電池を使えるように、ホルダー周りのパターンが変更されました。

SE/30用の特殊なICなどをオリジナルのロジックボードから剥いで再ハンダ。

SCSIまわりの配線にミスがあったので修正し、そして無事起動に成功しました。

このSE/30ロジックボードはオリジナルのボードの再現を行っていますが、最近ではノートPCの性能アップのためにCPUを載せ替えるなどした「同人マザーボード」なども作られています。個人・小規模生産に見合ったコストでこういうことができる時代です。
10年前の古いThinkPadを最新スペックに出来る「同人マザーボード」がすごい – DNA

ソース:SE/30 logicboard recreation – Hacks & Development – 68kMLA Forums