米国では、CO2の排出削減を目的とした「ガス禁止」条例が各自治体で相次いで可決されています。ガス業界は猛反発し、ガス禁止案を禁止する州もあります。