アリだけでなく、昆虫全体でも初の事例です。20%も変わる激変ぶりですが、論文の著者はそれほど珍しい現象ではないかもしれないとも言います。