永遠の夜と銀河の海をゆく列車、銀河鉄道を描いた松本零士作の名作「銀河鉄道999」が、もしもロシア人が運行するシベリア鉄道風味だったら……そんなリリカルで叙情的で、しかもカオスな風景を切り取ったショートフィルム「RUSSIAN SPACETRAIN」が公開されました

ここは宇宙鉄道のとある停車駅。

現在のスタンダードな客車をつなげてトーラス型宇宙船になっているようです。

宇宙ピロシキや宇宙新聞を売りに来ました。

宇宙鉄道の車掌さん。英語の勉強の課題として紹介動画を作っているそうです。

「すべてが自動化されている」と言いますが、電子機器は叩いて直すのがロシア風のよう。

ロボット乗務員を起こすのも大事な仕事。

なお、ロボット乗務員は汎用性は高そうですが、その分なんというか、教えられないと何もできない感じです。

絶対零度で凍りついてしまった乗務員。

時には異星生物を持ち込もうとする客との心温まる交流も。

2等客室はカオス。

ちなみにトイレは……。

超真空吹きさらし式。

超々長距離をゆく乗客のためにコールドスリープ装置をそなえた1等客車。なおちゃんと覚醒するのに年単位の時間が必要なようです。

シュレーディンガーのネコ、らしい。観測してしまってはいけないのでは……。

そして旅といえば歌。

夜中(?)の危機管理も車掌さんの大事な仕事。

時には成層圏空挺の兵士にナンパされたりします。

順調に進行する宇宙鉄道。

突然重力異常が発生。

どうやら持ち込まれたエイリアンの卵が孵化してしまい、電気系統がダメージを受けたようです……いや大惨事では。

エイリアンに卵を産み付けられる乗客。

意外とかわいい。

そして列車は次の駅に到着。

「君が今度ここを通ったらきっと気づくから」「その時は私40歳よ……だって海王星までいくんだから」

宇宙鉄道時代にも出会いと別れはつきもののようですね。

動画はこちらから。そして毎回挿入歌がリリカルでクオリティ高いのもポイントです。
RUSSIAN SPACETRAIN // РУССКИЙ КОСМОПОЕЗД feat. BadComedian – YouTube

同じ製作者による前作。こちらもオススメです。
ロシアの超僻地にあるサイバーパンクな農場での生活を描いたショートフィルム「RUSSIAN CYBERPUNK FARM」 – DNA