ロバート・バラードは「タイタニックを見つけた男」として知られているかもしれません。ですが、彼が生涯を懸けて追い求めてきたのは科学的・文化的に重要な“宝”を見つけることでした。