32年にわたり、イタリアの島にたった一人で暮らしてきたマウロ・モランディ氏が、ついに島を去ります。彼はなぜここへ来て、この暮らしをしてきたのでしょうか。