クラシカルな乗用車といえばまず思い浮かぶのがロシアのラーダ。基本設計が60年代のため構造もシンプル……ということで2台を横にくっつけてしまったのがこちらの動画です。完成車のワイドボディっぷりは圧巻です。

動画はこちら。
Widebody conversion for Lada – YouTube

「ラーダ(Lada)」は、1966年に発売された「フィアット・124」がベースのレトロな乗用車を数年前(2014年)まで製造していたロシアの自動車メーカ「アフトヴァース」が製造販売する自動車ブランド。

側面を削り取った2台のラーダを合体させているところ。この粗さが逆に魅力的に感じてしまいますね。

完成した2倍ラーダをテスト運転中。ドライバーは二人必要ですがしっかりと自走しています。

さらに続きがこちら。ダブルワイドボディ・ラーダが爆走しています。
Widebody Lada conversion – part 2 (dynamic testing) – YouTube

ちなみにこのダブルワイドボディのラーダを製作するきっかけとなったのがこちらのジープ。こちらもかなり強烈なビジュアルです。
迫力は2倍以上、横に2台つなげたJeepが強烈な存在感を放ち走行している動画