タバコや工場が登場する前の英国では、がんの発生率は1%だったと推定されてきました。しかし新しい考古学的研究によると、実際はその10倍もあった可能性があります。