夏が暑く、山火事シーズンが長引くと、前の年に消えたはずの森林火災が春によみがえる――これを「ゾンビ火災」といいます。北極圏で増えていることから、大量の二酸化炭素を生む懸念があります。