シベリアの中心地、ノヴォシビルスクで毎年行われている葬儀産業の見本市では棺や墓石のニューモデルや造花、霊柩車などいろいろなものが展示されます。そうしたものの中には「墓穴掘りコンテスト」もあり、毎年埋葬の技術が競われているそうです。

このコンテストは墓穴掘りの技術向上と、そしてこの職業の若年層への周知のために行われているもの。試合では2人1組で長さ200cm幅80cm、160cmの墓穴を掘るスピードと穴の精度、掘る技術を競い、今年はオムスク出身のチームが、昨年の記録である52分を大きく下回る38分という好タイムで優勝しました。

試合の様子はこちらから。

ソース:В Новосибирске прошли соревнования по скоростной копке могил – Общество – ТАСС