32年間続いた「スロースリップ(ゆっくり地震)」が1861年、インドネシアに巨大地震をもたらしたのかもしれません。専門家らは、同様のことが再び起こり得ると指摘しています。