かつて絶滅したと思われた、インド北東部アッサム州に生息する体高25センチほどのコビトイノシシ。1971年の「再発見」後、保護活動のおかげで着実に数を増やしています。