東アフリカ、ソマリランドでは、ここ数年、干ばつが続いています。被害はラクダまで及び、伝統的なラクダ飼いを今後続けることが難しくなっています。