ワクチン接種のおかげで減少傾向ですが、それでも世界最多です。緩和ムードのなか変異株が拡大しており、専門家はあらためて警戒の維持とワクチン接種を呼びかけています。