名作「ギターフリークス」シリーズに始まり「ギターヒーロー」や「RockSmith」など、ロックギターをテーマにしたゲームは印象に残るものが多いのですが、こちらの「Unplugged」はVRを用い、より自由にロックスターになりきることを楽しめるゲームです。





ゲームプレイはこんな感じに。
Unplugged: Air Guitar Second Teaser – YouTube

開発者の一人でAnotherwayの共同設立者、リカルド・アコスタ曰く「ギター型コントローラーもグローブもいらない。ただロックしようとするあなたがいればいい」のが「Unplugged」というゲームらしい。

ゲームプレイはいわゆる「音ゲー」で、タイミングよくギターをかきならすアクションを取ればOK。左手は押さえる位置に加えて押さえる指も変わるので、よりリアルなギターアクションが楽しめます。

ゲーム中にはチューニングなどのミニゲームが挿入されたり……

オーディエンスを煽ったりするとボーナス点が発生したりするそうです。

ちなみにプロデューサーとして「ギターヒーロー」シリーズのリードギターの1人、マーカス・ヘンダーソンが参加。The Offspringが楽興を提供するなど豪華。

UnpluggedはOculus QuestとSteam VR headsets対応で今年秋リリース予定。
Unplugged | For the Love of Rock! – Developer Update [ESRB] – YouTube

VRをゲームのために用いて最も面白いのは、例えばこちらのゲームの最悪の酔っぱらいのような「なりたい自分になれる」ということ。Unpluggedはゲームとして面白そうなのはもちろんロックスターとしてステージから観客を沸かせる、という誰もが一度は夢想したシチュエーションを叶えてくれそうです。
仮想空間のバーで酔っぱらいになって暴れるVRゲーム「VR Drunkn Bar Fights」 – DNA

ソース:Unplugged Air Guitar – Because everyone wants to be a rockstar