スティーブン・キングが自著に対してツイート00
1978年に出版された小説「ザ・スタンド」では、致死率99%のインフルエンザウイルスが流行し、人類が存亡に危機に立たされます。

新型コロナウィルスの流行は、この物語の設定に似ていると比較されることがあるのですが、これに対して原作者のスティーヴン・キング氏がTwitterで意見を述べました。

すると、著者だとは気付かないネットユーザーが批判的なレスを返してしまいました。

続きを読む