カナダはかつて先住民同化教育として、先住民の子どもたちを寄宿学校に収容していました。寄宿学校の跡地から無名の墓標が多数見つかり、逃げ出したり虐待されたりするなどして、命を落とした子どもが多数いたことがわかってきました。そして、生き残った元生徒たちの人生にも大きな影を落としています。