アメリカ・コロラド州で先日行われた標高差1439 mを駆け上がるレース「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」にて、電動自動車「テスラ・モデルSプレイド」がエキシビジョン部門で1位を獲得しました。自動車レースにつきもののエンジン音がないのに、すごい勢いで風景が流れていく不思議な動画です。

優勝したのはUnplugged Performaceがチューニングしたテスラ・モデルSのハイパワーモデル「プレイド」。チューニングといってもパワートレインはストックのままで、足回りの強化と、レース用の安全装備の追加程度のごくごくライトなもの。

ドライバーはベテランのランディ・ポブスト。そうとう飛ばしているにも関わらずいわゆるエキゾーストノートは聞こえずモーターの回転音とタイヤノイズだけが響いてくる車内からの動画はまさに非日常。動画はこちらから。
Going Plaid! Randy Pobst’s Winning Run at PPIHC 2021 – YouTube

作った本人、テスラ社のイーロン・マスクは以前プレイドについて「乗り心地はまるで宇宙船のようだ」とツイートしたことがあります。確かに加速感も音も車というよりは宇宙船が飛んでいるかのよう。

いまのところ電動ビークルの一番の問題は電池と航続距離。パワーだけならもうオフロードレースを十分こなすことができるだけのものがあるだけに、今後どういう進化を見せてくれるのかが気になります。
電動オフロードバイクが道なき道をサイレントに爆走する不思議な動画 – DNA