かつては気候変動について否定的な人が多かった米国で、半数近くが「気候変動の脅威が増加」と答えたそうです。背景にあるのは。