6か国語をあやつり報道をするレポーター
外国語を1つ話すだけでも簡単なことではありませんが、オリンピック中継で6か国語を、それぞれ流暢に話すことができる男性レポーターが話題を集めています。

ルクセンブルグ生まれの彼の名前はフィリップ・クラウサ―。

続きを読む