パンデミックにより、十分な食事をとれない米国人が急増しています。多くの人にとって、慈善団体や近所の人の助けが頼みの綱です。